【タイプ別に紹介】初心者にオススメのゴルフティーはこれ!押さえておきたい知識も一挙解説

ゴルフ
スポンサーリンク

こんにちは! ぺやわきです。

今回は初心者にオススメのティーと、押さえておきたい知識を一挙ご紹介します!

ティーなんて大した道具じゃないし何使っても同じでしょ?と思うかもしれませんが、意外と侮れないものです。

使うティーや使い方を変えただけでスコアが良くなった!という人もいますから、この機会にティーへの理解を深めていきましょう。

スポンサーリンク

押さえておきたい知識① ティーの種類

ティーには長さや素材によって、それぞれ2種類に分かれます。

・長さは「ロングティー」「ショートティー」の2種類

・素材は「木製」「プラスチック製」の2種類

「ロングティー」はティーショット(第1打)をドライバーで打つ際、「ショートティー」はそれ以外のクラブを使う際に使用します。

ロングティーを深く刺せばショートティー代わりになりますが、抜き差しが大変なので基本は両方準備しておきましょう。

また素材についてですが、「木製」は安価なものが多く「プラスチック製」は耐久性が高い(折れにくい)点が特徴です。

スポンサーリンク

押さえておきたい知識②ティーの高さ

皆さんは練習場やコースでティーの高さ」を気にしてティアップしていますでしょうか?

ティーの高さは非常に重要で、特にドライバーではティーの高さがミスの原因だったなんて事もあります。

「それじゃあ何センチにティーアップすればいいの!?」と思うかもしれませんが、ティーの高さに正解はないのです・・・(汗

ただ、週刊ゴルフダイジェストでプロ選手のティーの高さを調べたところ「男子プロの平均は3.7センチ」「女子プロの平均は3.54センチ」という結果だったそうです。

1ミリ単位で高さ調節するのは難しいので、先ずは3.5センチと4センチを試してみることをオススメします!

ぺやわき
ぺやわき

3.5・4センチを試したうえで、どうしてもフェースの上や下に当たってしまう人は高さを上下させてみましょう!

ティーのタイプ別! 初心者にオススメのティー

それでは、ここから初心者にオススメのティーについて紹介していきたいと思います!

ゴルフティーは素材の違い以外にも様々なタイプがありますので、今回はどんなタイプのティーがあるのか、特徴やメリットなども紹介しながらタイプ別にオススメを紹介していきます。

無地タイプ

柄の部分に目盛や段差がなく、刺して使う基本的なタイプです。これといってお助け機能はありませんが、価格が安いものや凝ったデザインのもの等バリエーションが豊かな点が特徴です。

ぺやわき
ぺやわき

とにかく安いティーが良い人や、ティでも個性を出したいという人にオススメです!

無地タイプのオススメティー

created by Rinker
¥207 (2024/06/20 17:39:15時点 楽天市場調べ-詳細)
ブリヂストン BRIDGESTONE GOLF ウッドティー(ショート18本入り) GAG501SH

段差つきタイプ

画像のように柄の一部が段差になっているタイプです。このタイプのメリットは常に同じ高さで、素早くティアップできる点です。

後ほど紹介する目盛付きタイプも一定の高さにできますが、こちらは段差の部分が地面に引っかかるまで刺してあげるだけなのでティーアップが非常に簡単です。

ぺやわき
ぺやわき

ティーアップの高さが自分の中で決まっている人、目盛で高さを合わせるのが面倒な人にオススメです!

段差付きタイプのオススメティー

目盛付きタイプ

こちらは文字通り、ティーの柄の部分に目盛が入っているタイプです。

このタイプのメリットは、 自分の望みの高さにティーアップできる点です。

目盛を見ながら高さ調節ができる為、無地のタイプに比べて一定して同じ高さにティーアップする事が可能です。

また、段差付きティーの場合は良くも悪くも一定の高さでティーアップとなりますが、このタイプは目盛で高さを調節する為、細かく高さを変える事が出来ます

ぺやわき
ぺやわき

自分に合ったティーアップ高を探っている人や、自分の状態に合わせてティアップ高を変えたい人にオススメです!

目盛付きタイプのオススメティー

ライト T-713 チャンプ ザーマ マイハイト フライティー ロング(CHAMP Zarma My Hite FLY Tee) 目盛り付 25P 83mm 【200円ゆうパケット対応商品】【ゴルフ】

置き型タイプ

こちらは地面に刺して使うのではなく、置いて使うタイプのティーです。

このタイプのメリットはティーグランドの状態に関係なく使えるという点です。

人工芝や冬のティーグランドは地面が硬くなっており、ティーがなかなか刺さらない場合があります。

しかし、このタイプはポンとおくだけなので地面の硬さに関係なくティーアップが可能です

ぺやわき
ぺやわき

置き型のロングティーは安定性に不安が残るため、刺すタイプと併用して使うのがオススメです!

置き型タイプのオススメティー

まとめ

いかがでしたでしょうか?

たかがティー1つとってもこんなに種類やタイプがあるなんて・・・ゴルフは本当に奥が深いスポーツだなと思わされますね・・・笑

ティーは選択肢がとても多く惑わされがちですから、今回紹介した種類やタイプごとの特徴を把握したうえで、自分に合ったティーと出会えることを祈っております!

それでは皆様、楽しいゴルフライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました